北九州市での外壁塗装・屋根塗装は【リフォーム工房】

新着情報

屋根塗装のメリット・デメリット

2015/04/06

屋根塗装のメリット

1.防錆性が高め、見栄えを良くする
劣化した状態よりも、ペンキを塗り直したほうが美しく見えるものです。
また、トタン屋根などではサビを防ぐ役割を果たします。

2.防水性を高める
雨漏りを防ぐとまでは行きませんが、塗料が劣化による浸水を抑える役目を果たします。

3.屋根材を雨風や太陽光から守る。
特にスレートや金属部分の腐食を防ぐことで、葺き替え工事までの期間を伸ばすことにもつながります。

4.抗菌性・防藻性が高まる
劣化によって衰えた抗菌・防藻効果を蘇らせ、カビや藻の繁殖を防ぎます。
さらに光触媒塗料を使うことで、屋根を美しく綺麗に保つこともできます。

5.遮熱性と断熱性が高まる
この2つは、夏と冬に大きな効果をもたらします。
夏場は屋根表面からの熱を抑えることで2階の室温をキープし、冬場は屋根表面に熱を使えにくくすることで、室温の下降を防止。1年中快適な室温を保つことにもつながります。

屋根塗装のデメリット

1.かえって雨漏りを引き起こしやすくなる
塗装方法にもよりますが、自分で塗ったり腕の良くない業者が塗ると、塗料の塗りすぎや薄くしすぎることで剥げやすく、雨漏りしやすくなります。
塗料を多く塗ることによって雨水を部分的に貯めてしまい、たまった雨水が塗料に染みこんで屋根に浸透するという現象(毛細管現象)もあります。
腕の良い業者は3階に分けて塗装を行い、塗りすぎることなくまんべんなく塗装を行います。

2.すぐに剥がれる
屋根材とマッチしない塗料を使っていたり、塗装前の洗浄が不十分だと塗装がすぐ剥げてしまいます。これも屋根の外観を損ねる結果となります。
洗浄はもちろんのこと、屋根の材質にあった塗料を選択し、使い分けることが重要なのです。

3.屋根の見た目が汚くなる
1と2でも少し触れましたが、1回だけ厚く塗ってしまうと色のむらが出来てしまい、塗った場所だけ異様に目立ってしまいます。 また、洗浄が不十分のままだと塗料の下から繁殖したり、屋根裏に向かって繁殖することもあり家の耐久度を下げてしまいます。
塗装を行う部分はキレイにし、複数回に分けて塗ることで美しい屋根を取り戻すことが出来ます。

4.道具や塗料のコストが高い
道具が揃っていない状態では非常に大変ですが、道具を揃えると今度は塗装の手間より道具の手入れの手間がかかります。
塗料に関しても以前よりは改善されましたが、数年後しに使うと塗料が変色していたりと、思うような色にならないケースもあります。

1度の屋根塗装で安く済ませようと考えるのは簡単です。しかし、リスクや汚れ具合などを含めて見ると、業者に依頼するほうが安上がりな場合も多々あるのです。

« 戻る

【北九州市】外壁塗装・屋根塗装のことならお任せ下さい!

tel:0933830505

  • 施工例
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • その他の施工

Information

リフォーム工房
〒803-0851 福岡県北九州市小倉北区木町二丁目16番12号

北九州市で屋根塗装、外壁塗装にお困りでしたら、リフォーム工房にご相談ください。その他防水工事や配管工事、クロス貼り替えなど、トータルでお住まいをサポートいたします。

  • tel:0933830505

PAGE TOP